« 10月東区定例会 | トップページ | みやじマリンに行って来ましたー♪(東区青年部) »

2011年11月 8日 (火)

10月家庭教育学級

 10月26日(水)の家庭教育学級は、作業療法士の三宅孝史先生をお迎えして『発達を支援する取り組み』というテーマで講演していただきました。
 今回も67名の保護者の参加があり、作業療法に関しての関心度の高さがうかがわれました。
P1040439
 「発達支援の取り組み」や「作業療法士は普段どんなことを考えて療育に携わっているか」を、スライド等を通してこと細かく教えていただきました。難しいお話も多々ありましたが、療育風景や遊具を使用しての写真などで、大変わかり易く解説して下さいました。参加されたお母さんの中には「紹介していただいた玩具を早速購入して使わせています!」という方も後日いらっしゃいました。先生が日々試行錯誤しながら子どもたちに携わっていらっしゃる様子はとてもありがたく感じられました。
 質疑応答では、療育用の箸から普通の箸への移行の仕方、(触覚に敏感な子の)靴の選び方、高機能障害児のかたずけ方法などがあがっていましたが、どれも具体的な解決策を提示していただきました
 講演後、保護者Fさんからは「次回の講演時は、是非、今回持って来ていただいた“バランスボール”など療育に使われているものを(子どもの立ち位置になり)実際に自分が使用してみたい」との提案もありました。
 三宅先生、(毎回)療育の合間を縫って来ていただき、本当にありがとうございました。
P1040457
三宅孝史先生のスーパーベストショットで~す
またよろしくお願いします

« 10月東区定例会 | トップページ | みやじマリンに行って来ましたー♪(東区青年部) »

広島市」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ