« こねこね工房見学 南区 | トップページ | 家族支援ミニワークショップ第2弾(東区11月定例会) »

2011年12月 4日 (日)

11月30日《家庭教育学級》を開催しました!

家庭教育学級

  

地域とつながろう

    (東日本大震災から、考えよう!)  

        参加人数 約70名

 

講師として、全日本手をつなぐ育成会の顧問でもあり、広島県手をつなぐ育成会会長である副島宏克さんをお招きして、約70名の参加者でお話を伺いました。

 副島さんは「障害福祉の取り組みは、地域づくりから!」を運動・実践してこられましたが、まさに東日本大震災でも地域づくりの大切さを実感されたそうです。

 副島さん自ら被災地を回られたり職員を派遣されたりした様子を話されましたが、

障害児・者の安否確認が難しかったことや、障害児・者の多くは避難所に入れなかったこと、別の所に行った人には生活物資が届かなかったことや心ない言葉の数々・・・、未曾有の大震災が障害児・者に及ぼした影響はかなり大きかったようです。

 それだけに、普段から地域の方々と連携を取り、緊急時には遠慮なく連絡できる顔の見える連携づくりが大切なことをひしひしと感じました。

 町内会の役員を引き受けるのもよし、民生委員さんに時々お話に行くのもよし、ご近所さんに先ずはあいさつから始めるのもいいですね!各区でも話し合ってみてください。

P1040485

« こねこね工房見学 南区 | トップページ | 家族支援ミニワークショップ第2弾(東区11月定例会) »

広島市」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ