« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月22日 (木)

12月定例会…水害の体験談から学ぶ(佐伯区)

12月21日(水)五日市公民館にて。 東日本大震災以降、もし緊急避難事態が起きたら…と誰もが不安に思っているのではないでしょうか?そこで、実際に避難生活を体験された方にお話を伺ってみようという事で、1999年6月29日に起きた佐伯区の土石流の被災者である会員のIさんに体験談を伺いました。 Iさんは当時の記録写真を持参してくださり、被災地区の様子を説明してくださいました。3月に東北地方の津波の映像がテレビに映し出された時には、12年前の水害時の泥の臭いがテレビから立ち上ったように感じたそうです。 水があっという間に家を流し、車を流し、土砂が、丸太が次々に家に流れ込み…と目の当たりにされた事や、 避難生活が本人さんに与えた影響、その後の行政とのやりとりなど いずれも貴重なお話ばかりでした。地域とつながるには普段から親としてどのように生きていればいいのか、沢山の示唆に富む体験談でした。 Iさん、大変な思いをされたのにお話ししてくださり有り難うございました。 (その後の話ですが、「皆さん出来たら災害保険を是非見直してください」と切実なアドバイスを頂きましたので付け加えます)

Image


クリスマス会その1♪(佐伯区)

12月3日(土)広島工業大学で中国人留学生との国際交流を兼ねた、クリスマス会が行われましたはじめにいつもお世話になっているhands-up広工大の皆さんの挨拶があり、次にみんなで歌をうたいました その後、班に分かれそれぞれの班で、瀋陽や台湾からの留学生の方々にみんなの名前を中国語で読めるように教えて頂きました。 それから、チキンやケーキを一緒に食べたりおしゃべりしたりと楽しく過ごしました hands-up広工大の皆さん貴重な体験をありがとうございました

2011年12月21日 (水)

☆ クリスマス会 ☆ (安佐南区)

 メリー クリスマス   各区で、楽しいクリスマス会が行われていますね  安佐南区も、12月17日(土)に古市公民館をお借りして、クリスマス会を行いました    (こども 22名、おとな 21名、ボランティアさん 8名)

 クリスマス会がスタートするのは10時からでしたが、準備をされている係りの方やボランティアさんと一緒に、早く到着された保護者のみなさんや子どもさん達にもお手伝いをしていただきました 「ありがとうございました~
おかげで、ホール一面に手作り感いっぱいのクリスマスグッズが飾り付けられ一気にクリスマス会らしくなりました

 

      クリスマス会 プログラム  

  ① みんなで自己紹介  「ドキドキしたけど、お名前、学年、好きなこと・好きなもの・・・しっかり発表しました♪」
  
  ② お母さん達のダンス&みんなでダンス 「サンタ&トナカイのキュートなダンス&みんなで輪になってダンスしました♪」
  
  ③ ハンドベル「♪ もみのき ♪ キレイなベルの音は、たくさん練習した成果です(笑)」
  
  ④ 恒例のビンゴゲーム  「みんな、好みのプレゼントがもらえたかな・・・?」
  
  ⑤ ケーキ&ジュースでかんぱ~い ♪ 「テーブルセッティングの間、ボランティアさんから絵本の読み聞かせがありました♪」

  最後は、お世話になったボランティアさんにお礼を言って、子ども達からプレゼントを渡しました。プレゼントの中身は・・・子ども達の先輩でもある、作業所のみなさんが作られたクッキーでした。

  そして、クリスマス会は無事に終わり、今度は子ども達に参加の記念として、お土産がプレゼントされました。

  
 このたびは、たくさんのご参加 ありがとうございました
みなさん楽しんでいただけましたか~「また来年もしますよ~」・・・と担当係りさん
  
  今回参加できなかった方もぜひ、来年は遊びにいらしてくださいね~

  それでは、素敵なクリスマス&良い年をお迎えください・・・

P1000808_749_6

P1000811_751


P1000828_762

2011年12月20日 (火)

クリスマス会 南区

クリスマス会 南区
クリスマス会 南区
クリスマス会 南区
12月17日南区別館でクリスマス会をしました。54人内ボランティアさん12人で、まずはマリモリから始まり新聞とりゲームやシーツバレー、転がしドッチボール等、楽しい遊びで始まりました。 次はお楽しみのケーキを食べたあとお母さん達の恒例のハンドベルを聞きました。子ども達の即興ハンドベルも拍手、拍手でした。最後はサンタさんの登場でみんなプレゼントをもらい楽しい時間を過ごしました。

2011年12月19日 (月)

クリスマス会(安佐北西)

メリークリスマス(少し早いですが・・・)




 今年は暖かい冬だなあ~と思っていた矢先、昨日(12月16日)に初雪が降りました寒かったあ~

 安佐北西では12月17日(土)13:00~ 安佐北総合福祉センター 機能訓練室でクリスマス会をしました参加者 子ども21人(兄弟含む)、親13人、ヘルパーさんと、大人数でとても盛大なクリスマス会になりました

 役員さんがスポンジケーキを用意してくださり、各自で生クリーム、ジャム、チョコスプレーなど、トッピングをして美味しそうなケーキが出来ましたみんなペロリと食べました

 その後は、ビンゴゲームをして親も一緒に盛り上がりましたお菓子のおみやげをもらい嬉しそうでした

 ※支部長さん、副支部長さん、役員さん、いつもいろんな会を企画していただきありがとうございました
  来年もよろしくお願いいたします

009
011

 

2011年12月18日 (日)

ミニ家族支援ワークショップ(西区)

12月16日(金)に「ミニ家族支援ワークショップを行いました。

育成会よりファシリテータとして4名の方に来て頂きました。
参加者は少なめではありましたが、その分じっくり話が出来てアットホームな感じで進んでいき、
笑顔の絶えない楽しい会になりました
日頃の言動を振り返り、自分(親)の事は棚にあげ、子どもに「早く○○しなさい!」と言う言葉がいかに多いか、
また子は親の鏡だといいますが、「注意の仕方が私にそっくりなんだよね」と話しながら
自分の子どもに対する態度を改めて確認し反省しました。
この反省もいつまで続くかわかりませんが…
家族支援障害認識プロジェクトは何度参加しても新しい事に気づかされます。
先輩お母様の話や経験を聞いたりアドバイス等も頂ける場でもあり、とても心強く感じます。
こうゆう機会がないと普段考える事がないので、これからもやっていこうと思っております

Photo_13

フラワーアレンジメント教室(西区)

12月17日(土)に西区子供会でフラワーアレンジメント教室を行いました。

テーマは「クリスマス」

今回は、クリスマスカラーのグリーンとレッドとホワイトを使い、星型とツリー型の2種類作りました。
グリーンは「平和」、レッドは「愛」、ホワイトは「純潔」、の意味があるそうです。

先生に花の名前を教えてもらい、一緒に手伝ってもらいながら花をスポンジに差し込んでいきます。
最後にヒメリンゴと言う小さなリンゴと、キラキラのボールやリボン、ろうそくで飾れば出来上がり

素敵なクリスマスツリーが出来ました
星型は卓上ツリーなので机に置いて周りに料理を置くとクリスマスの雰囲気がでますね
2_4 Photo_10

次回のフラワーアレンジメントは、
 2012年2月12日(日) 10:00~12:00 
 西区地域福祉センターで行います。
 作品のテーマは「バレンタイン」です。

子ども会より予算を出しますので子ども会行事としておりますが、参加は大人の方お一人でも他の区からでも参加OKです。

皆さん、是非ご参加下さい

2011年12月16日 (金)

おしゃべりサロン(佐伯区)

  11月20日(日)に、石内福祉センターで、昨年大好評につき今年度も「おしゃべりサロン」を開催しました。

  今年度は育成会からの頼りになる先輩ママを2名お招きして、

  保護者7名、子ども5名、ボランティアさん3名の参加です。

  子どもたちを隣室でボランティアさんにお任せして、私達はゆったりソファにこしかけて、

  ケーキやコーヒーをいただきながら、まずは自己紹介から…のついでに不安や悩みがついて出て、

  どんどん話は盛り上がり、あっという間に時間が来てしまいました。

  まだまだ話は尽きませんでしたが、先輩ママ達からたくさんの知識と希望をもらい、

  また「明日からがんばろう!」という思いを胸に終了しました。是非また来年も開催したいです。

  遠方はるばる佐伯区まで来ていただいた先輩ママ、ありがとうございました!

2011年12月15日 (木)

大和ミュージアム見学 南区

Fw:
Fw:
12月10(土) 大和ミュージアムにいきました。 子供達には少しむずかしい見学かな?と思いましたが、3Fの展示室の船を中心とした科学技術の原理を体験する場所がおもしろいようでしばらく遊んでいました。1Fの大和広場の戦艦に圧倒している子供もいました。 参加27人でした。

2011年12月 4日 (日)

家族支援ミニワークショップ第2弾(東区11月定例会)

11月の東区定例会では、家族支援ミニワークショップの第2弾を行いました。
 今回は地域で生活する際に必要な支援などのワークショップを行いました。引き続き、柴田さん&善川さん指導のもと学習しました。人数が多いので4グループに分かれましたが、前回同様、各グループで色々な話の花が咲いたようでした
P1040481

11月30日《家庭教育学級》を開催しました!

家庭教育学級

  

地域とつながろう

    (東日本大震災から、考えよう!)  

        参加人数 約70名

 

講師として、全日本手をつなぐ育成会の顧問でもあり、広島県手をつなぐ育成会会長である副島宏克さんをお招きして、約70名の参加者でお話を伺いました。

 副島さんは「障害福祉の取り組みは、地域づくりから!」を運動・実践してこられましたが、まさに東日本大震災でも地域づくりの大切さを実感されたそうです。

 副島さん自ら被災地を回られたり職員を派遣されたりした様子を話されましたが、

障害児・者の安否確認が難しかったことや、障害児・者の多くは避難所に入れなかったこと、別の所に行った人には生活物資が届かなかったことや心ない言葉の数々・・・、未曾有の大震災が障害児・者に及ぼした影響はかなり大きかったようです。

 それだけに、普段から地域の方々と連携を取り、緊急時には遠慮なく連絡できる顔の見える連携づくりが大切なことをひしひしと感じました。

 町内会の役員を引き受けるのもよし、民生委員さんに時々お話に行くのもよし、ご近所さんに先ずはあいさつから始めるのもいいですね!各区でも話し合ってみてください。

P1040485

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ