« 定例会を行いました(安芸区) | トップページ | 家族支援ワークショップを行いました(安芸区) »

2012年6月 9日 (土)

支部研修会(佐伯区)


6月7日木曜日、佐伯区地域福祉センターに

広島大学大学院の石附智奈美先生をお招きして

作業療法の視点から見た子供との接し方についての研修会を開催しました。

2010年度には、学校親の会の勉強会でお話し頂きましたが

今回は支部での開催ということで、世代を超えて

小学校低学年から40代後半までのお子さんのいる保護者29人が参加しました。

Dsc_0424_2

「今日は実践型にしました」という最初のお話のとおり、今回は子供たちの

日頃直面しているしんどさの疑似体験に多く時間をとって、講義が進んでいきました。


私たちにとっては、そのような前提でみんなで始めることなので

「出来ん~」「難しいわ、無理」と、笑いも起こる中での体験でしたが

これが日常の至る所で起こり、うまくいかない理由もよくわからないんだけれど

なんだかさえない思いをして、時には怒られてしまったりというようなことを

彼らは繰り返し経験しているのかもしれないな、と

楽しい講義の間にも少し胸が痛くなりました。


胸が痛んだのは私だけではなかったようですが

「今日は優しくなれそうです」

「子育て時代に知っていれば・・・しかし、今からでも遅くはなく、いろいろな対応に役立てたいと思う」

「今日からしっかり子供を見て、褒めて、待てる母になります!」

など皆さんとても前向き

もちろん私もしっかり前向きでこれからも頑張っていこうと思います

石附先生、ありがとうございました

« 定例会を行いました(安芸区) | トップページ | 家族支援ワークショップを行いました(安芸区) »

佐伯区」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ