« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

収納についての講習会 南区

収納についての講習会 南区
収納についての講習会 南区
11/30(金)〜南区役所別館 南区育成会会員でもある 松本さんを講師にお迎えして
収納について の勉強会をしました。 参加者 17名

収納の土台づくりが大切… ・点在しているものを集める ・モノを減らす
・グルーピングに分ける ・使う場所に納める
・家族にわかるようにラベリング 等々

松本さんのメリハリのあるトーク、 明るくておもしろいお話。 楽しくて、やる気の出る内容でした。

自分を振り返り、その後 ボイント、手順を教えてくださったので 頭の中で 整理しやすく
とても わかりやすかったです。 終了後、 毎日15分、片付ける習慣を取り入れたいと 気迫十分の皆さんです。

安佐南区支部 学校見学 広島市立広島特別支援学校

11月21日(水) 広島市立広島特別支援学校 の見学会を行いました (参加 約30名)
9月に開校されたばかりの校舎は、窓も大きく明るくて、天井も高く開放感にあふれていました。木の温もりを感じながら過ごせる空間は、中尾校長先生がお話されたように、「夢と希望に向かって」いる学校・・・という印象でした
校舎や施設の中は、さまざまな所まで細やかな工夫や配慮がされていました。そして、子ども達はもちろん、先生方の体の負担までも考えて造られているというお話には私たちも感動しました
学校の中を撮影させていただきました(写真担当さんありがとうございました)
見学に参加できなかった方も、ぜひご覧になってください
238 ← バスターミナル玄関横に設置
  バスや救急車も止められるほどの広さ
↓ まなびのひろば(中庭)    
246 253           
ベッドもストレッチャーもスムーズに通る大きなドア→
 
 
250 室内プール
  車いすの児童に配慮された広いスロープと
  高い位置に造られた窓は、横になったとき
  外の光が眩しくないようになっているそうです。260_2
        
     一人かまくら・二人かまくら → 
 気持ちを落ち着かせる時や先生や友達と話し合う時など小部屋が廊下に設置されています。
308  
階段
   段差が低めで、一段ごとに数字が書かれていたり・・・「1、2、3・・・」と、階段を上がりながら、数や漢字が自然に覚えられそうですね  
 
269_3 壁 みんな大好き、ミッフィーカラー317_2
     色分けされていると、広い校舎の
     中でも目印になってくれるので、
     迷わないかも・・・  
木の素材やコルクで造られた校舎は、どこにいても落ち着きます・・・
 
↓  多目的ホール 子ども達が食事をしたり先生方が会議をされたり・・・ 
319_2            
            
また、陶芸室、食品加工室、クリーニング実習室、接客・販売実習室、作業室など、自立と社会参加に向けて体験できる特別教室という楽しそうな(笑)教室がありました
そして、「できるだけ自分の力で身の回りのことが行えるように」一人一人に合う支援を一緒に考えてくれるサポートセンター設置されています。私たち保護者や本人への支援はもちろん、学校関係者への支援や、相談会や研修会などで、さまざまな情報を提供していただけます。明るい未来が始まりそうですね・・・
学校見学会の後、学齢期のお母さんと先輩お母さん達でランチ会をしました
学校のこと、将来のこと、お悩み相談まで・・・
最後に、学校見学の感想をみなさんにお聞きしたら・・・
「わが子も通わせたかった~」 (笑)だったそうです。(学校見学会・担当さんより)

2012年11月29日 (木)

工大祭(佐伯区)

11月3日、4日に開催された広島工業大学の学園祭に

今年もハンズアップ広工大の皆さんと参加させて頂きました

Dsc_1028

3日は4家族、4日は9家族で綿菓子とクッキーを販売

Dsc_1032

Dsc_1035

綿菓子を作るのが初めての人も多く、苦戦しながらも楽しそうに

割箸をクルクルと回していました

Dsc_1041


テントとあわせて、グラウンド内でも元気いっぱいの売り子さんが

「クッキーいかがですかぁ~」と大活躍

無事に100袋を完売

綿菓子のザラメも、実は初日で予定の量を売り切って

二日目は急遽買い足しての販売だったそうです

天候にも恵まれ、みんなで楽しく過ごしました

ハンズアップの皆さん、ありがとうございました!

広島特別支援校見学(安芸区)

広島特別支援校見学(安芸区)
広島特別支援校見学(安芸区)
広島特別支援校見学(安芸区)

安芸区支部では11月26日(月)、広島市立広島特別支援学校の見学会を行いました。
中区支部さんと合同で、参加者は、中区から8名、安芸区から8名の計16名でした。
 
 
開校してまだ3ヶ月、最新の設備が施された新校舎は、玄関を入ると中心部に「ひかりのひろば」という3階まで吹き抜けの楕円形の広場があり、広い、明るい、きれい、が第一印象でした。
 
 
各階には、多目的スペースがいくつも準備され、クラスや学年を超え交流できるようになっています。とても魅力的な部分でした。
 
 
廊下やトイレも広々確保され、教室とは別の場所に更衣室が設けられていました。
これは、とても重要な事と思います。
 
 
それにしても、とても静か!!!
肝心の生徒さんは、どこ?居るの?と思うほどでしたが、ちゃんと教室で熱心に学習している姿がありました。
体育館で元気よく過ごしている様子も、垣間見ることができました。
音があまり外にもれない様な構造になっているようです。
 
 
教室は、1階が小学部と中学部1年2年、端に体育館とプールが並んでいます。
2階は、中学部3年と高等部があります。
各階、わかりやすい配置になっていますが、子ども達が迷わないようにとの配慮で、階段やエレベーターの色を場所により、白、オレンジ、青、黄の4色で分けられていました。
絵本のミッフィーと同じ色だそうです。
 
 
3階には、自立と社会参加に向けて、木工室や陶芸室の他に、今までなかったクリーニング実習室や食品加工室が加わっていました。
ここで、いろいろ体験し、自分に合うもの好きなものを見つけられるといいですね。
 
 
他には、市内の特別支援教室のセンターとしての役割を果たすべく、「サポートセンター」が設置されていました。
保護者や本人の他、教職員さんや各関係者への支援を充実していただける拠点として、大きな期待を寄せています。

2012年11月27日 (火)

バスハイク  南区

バスハイク  南区
バスハイク  南区
バスハイク  南区
社協の主催で11月25日[日]安芸高田美土里町、神楽門前湯治村に神楽を見に行きました。天気ももち、豪華なお弁当をドーム型の桟敷席で食べました。衣装も豪華で化粧もお面も臨場感があり良かったの声が多く聞かれました。 参加34人ボランティア6人でした。

施設見学  南区

11月15日[木]少しハードでしたが、レオーネ段原とスーリール2ケ所に見学に行きました。 公ちゃん[高3]母の感想です。 利用者のことを第一に考えケアされているレオーネ段原。聴覚、精神、知的障害者が利用され、商品に技術力の高さを感じた東雲にあるスーリール、見学を終えてとても清々しい気持ちになりました。

2012年11月26日 (月)

定例会を行いました(安芸区)

安芸区支部では、11月21日(水)安芸区地域福祉センターで、定例会を行いました。


役員ばかり、9名の参加でしたが、各役員さんからの報告や、これからの活動のことなど、話し合いました。


安芸区支部では、小中のお母さん方の参加が少ないので、これからは学齢期の保護者を対象とした行事を考えています。 若いお母さん方の参加を、お待ちしています(*^^*)


本人支援の方では、スナッグゴルフとTボールを予定しています。 日程が決まり次第、お知らせしますので、よろしくお願いします(o^−^o)


次回、定例会は1月16日(水)です。 安芸区地域福祉センター3階会議室を予定しています。 皆さんの参加、お待ちしています♪♪♪

2012年11月24日 (土)

金丸先生 療育相談会(^^♪ (安佐北区東)

   
 10月31日(水曜日) 10:00~  真亀公民館
 
  金丸先生の療育相談会を、開催しました
  家庭教育学級と重なってしまい残念でしたが、それはそれで、12名の参加でゆったりと出来ました
  
 丁寧に一人ずつ時間をかけてお話しいただいて、お疲れ気味の心もほっこり
 いつもながら、母たちは癒されます
 学齢期のお母さんがほとんどだったので、他の人の話にも『うんうん・・』とうなずく事も多く
 2時間の予定が大幅にオーバーしてしまい、金丸先生にはご迷惑をおかけしてしまいました
 次回は、昼食込みでじっくりと・・ということで、先生にちゃっかりお願いしておきました
 
先生のあたたかいお人柄と、身に染みるお言葉で、元気を取り戻した母たちでした
金丸先生、お忙しいところ、ありがとうございました
12月5日(水曜日)  支部定例会 10:00~12:00 口田公民館
      いつもと場所が違います。お間違えなく
 
 
  


                       

2012年11月18日 (日)

家庭教育学級…厚労省の高原先生をお迎えして

10月31日(水)の家庭教育学級は『福祉制度を知ろう』のテーマで、厚生労働省中国四国厚生局福祉指導部上席介護サービス指導官高原伸幸先生をお招きし、講演していただきました。 参加者は約100名でした
20121031
高原先生は東広島市で相談支援専門員をされてたそうです。厚労省に移られてから(いわゆる引き抜きですね)平成18年4月までは、自立支援法制定に向けて、障害者やその親族への説明、理解を得るため全国各地を奔走されたそうです。広島出身で私たちの身近におられた方が、いろいろなご苦労をされてきたことを初めて知り、ありがたい気持ちと共に知らなかった事を申し訳なく思いました。(現在は病気になられた奥様の介護もされてらっしゃるそうで、私たちの気持ちも、より理解できるようになったといわれていました
前半は主に、相談支援、保育所等訪問支援、家賃補助、特別支援教育、児童福祉法改正などの障害児支援の強化について話していただきました。
今後の改正点としては、障害者の範囲に難病者を加えること、行事支援や外出支援の対象を拡大していくこと、グループホームとケアホームを一体化すること等々があるようです。他にも、重度(対応困難な)障害者の行き場や罪を犯した障害者の出所後の行き場なども考えていかなければならないと言われていました。
後半は、障害者虐待防止法と意思決定支援、福祉サービスと家族の役割についてお話しいただきました。
20121031_2障害者虐待防止法は、近年多発している(…というより、明るみに出易くなったのでしょうか!)障害者への虐待に対して作られた法律ですが、障害者を守るだけでなく、何故、家族や擁護者が虐待してしまうのか、その背景を見据え、また、早期発見&早期通報を促す目的もあるそうです。問題点として、福祉従事者や事業者が親などから訴えられないよう(恐れながら)サービスを行うのではないかという事と、行動障害が激しい人への身体拘束をどうするのか…などがあるようです。
Dsc_0470
「家族の役割」として、高原先生の私論を話してくださり、最後には質疑応答もしていただきました。
高原先生には、お忙しい中(また、時間も限られた中)講演していただきありがとうございました。
また是非ぜひ講演していただきたいです(M)

2012年11月17日 (土)

ガイドヘルプ説明会に参加しました!


 
              
『広島障害フォーラム』主催の、『移動支援等の運用に関する広島市説明会』に行ってきました
参加者は、身体障害や視覚障害をお持ちのご本人や、保護者、事業所のヘルパーさんや相談員の方、などのべ200名ほどで、市の自立支援課から3名の職員の方が来られ、移動支援についてのお話をされました 

121114_110557_3『広島市の障害者()の移動支援について』という、現行の説明書に沿って話しは進められ、最近利用の仕方が厳しくなったという声を聞きますが、利用の仕方については当初と変わっていないということを強調されていました。 

最近の、市による事業所への実地指導などで、移動支援とみなされないと指導を受けた事例が相次ぎ、利用者から多くの声が寄せられたことを受けてのこのたびの説明会でしたが、数多くの質問や疑問などは、事前に質問事項として文書で提出され、その質問への解答はありましたが、すべて現行の説明書に沿った形式的な解答ばかりで、『障害の状態は個々によって違うので、個別にこういう支援が必要だということを、個別支援計画に位置づけて下さい』という一点しか、言われなかったという印象です。 

121114_111624
しかし個別支援計画を立てても、『何が社会参加のための移動支援とみなされるか』を仕分けされ、いまの指導では結局障害者の実情に沿っていないという意見がありました。

知的障害者の目線で言えば、見守り介助やコミュニケーション支援が、移動支援事業に含まれる必要な支援とみなされないことや、サマースクールへの参加なども、活動中の支援は主催者責任であるという解釈などは特に、知的障害者が社会参加するために制度を利用するときの壁になります。
 

移動支援事業が、ただの移動支援ではなく、社会参加のための移動支援であるように、より使いやすい制度となるよう今後市と議会に要請していく方向で、みんなで力を合わせましょうというお話しで会合は終了しました。(文:東区保護者Mさん)

              

11月区会報告(東区)

11月9日(金)の区会には、いくせい相談支援専門員の藤井さん川中さんに来ていただき、「計画相談」についてお話しいただきました。(参加者19名…市立特支の文化祭があったため、いつもより随分少ない人数でした
 
 
20121109『サービス等利用計画書』は、今年4月から概ね3年間のうちに全ての障害者が、市指定の相談支援事業所において必ず作成しなければならないものだそうです。3年後の障害者自立支援法改正に向け、サービス利用計画と個別支援計に分かれていたものを、サービス等利用計画として一本化し、各市町村の相談支援体制の強化を図る狙いがあるそうです。
年々進化(?)していく福祉行政をしっかり理解して(…これらは結構難解なのでよくよく相談員さんやお友達に教えてもらいながら)勉強していきたいですね

2012年11月15日 (木)

10月 「レクリェーション教室」 (安佐南区)

Cimg1301
10月13日(土)に、安佐南区福祉センターで「アイパッド体験教室」を行いました
(参加人数 17名)
講師に、南区の松本さんをお招きし、パソコンとアイパッドの基礎を教えていただきました
参加人数が少なかったため、二人に一台のパソコン・アイパッドがあり、実際に使いながらの体験となりました
アイパッドでの無料ゲームも楽しかったようです
次回の レクリェーション教室 は・・・
  和菓子作り   日時 12月1日(土) 13時~15時
                 場所 伴福祉センター
和菓子作りの様子は、後日お知らせいたします

2012年11月 2日 (金)

「金丸先生を囲んでの食事会」をしました♪(東区青年部)


20121020_6
10月20日(土)18時より牛田集会所にて、昨年に引き続き金丸先生を囲んでの食事会をしました
参加家族は10家族20人で、顔見知りも多いこともあり、和気あいあいとにぎやかに楽しいひとときを過ごしました
 
20121020_7金丸先生の、何の壁もなくフレンドリーに子どもたちと会話してくださる姿を見て、これが長きに渡り、親子が信頼して相談できる理由だろうな…と思いました
20121020_8
金丸先生にはお忙しい中、出席していただき、本当にありがとうございました
 東区のパワフルな母達と、対照的にホワ~ンのんびりタイプの息子&娘達が、今後も色々と悩みをご相談することも多いと思いますが、末永~くお付き合いのほど、よろしくお願いいたします
20121020_9
そしてそして、東区のお母さん方、これからもおバカな話をたくさーんしながら仲良く楽しい老後を(!?)過ごしましょうね~
(文:東区保護者Yさん)  

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ