« ガイドヘルプ説明会に参加しました! | トップページ | 金丸先生 療育相談会(^^♪ (安佐北区東) »

2012年11月18日 (日)

家庭教育学級…厚労省の高原先生をお迎えして

10月31日(水)の家庭教育学級は『福祉制度を知ろう』のテーマで、厚生労働省中国四国厚生局福祉指導部上席介護サービス指導官高原伸幸先生をお招きし、講演していただきました。 参加者は約100名でした
20121031
高原先生は東広島市で相談支援専門員をされてたそうです。厚労省に移られてから(いわゆる引き抜きですね)平成18年4月までは、自立支援法制定に向けて、障害者やその親族への説明、理解を得るため全国各地を奔走されたそうです。広島出身で私たちの身近におられた方が、いろいろなご苦労をされてきたことを初めて知り、ありがたい気持ちと共に知らなかった事を申し訳なく思いました。(現在は病気になられた奥様の介護もされてらっしゃるそうで、私たちの気持ちも、より理解できるようになったといわれていました
前半は主に、相談支援、保育所等訪問支援、家賃補助、特別支援教育、児童福祉法改正などの障害児支援の強化について話していただきました。
今後の改正点としては、障害者の範囲に難病者を加えること、行事支援や外出支援の対象を拡大していくこと、グループホームとケアホームを一体化すること等々があるようです。他にも、重度(対応困難な)障害者の行き場や罪を犯した障害者の出所後の行き場なども考えていかなければならないと言われていました。
後半は、障害者虐待防止法と意思決定支援、福祉サービスと家族の役割についてお話しいただきました。
20121031_2障害者虐待防止法は、近年多発している(…というより、明るみに出易くなったのでしょうか!)障害者への虐待に対して作られた法律ですが、障害者を守るだけでなく、何故、家族や擁護者が虐待してしまうのか、その背景を見据え、また、早期発見&早期通報を促す目的もあるそうです。問題点として、福祉従事者や事業者が親などから訴えられないよう(恐れながら)サービスを行うのではないかという事と、行動障害が激しい人への身体拘束をどうするのか…などがあるようです。
Dsc_0470
「家族の役割」として、高原先生の私論を話してくださり、最後には質疑応答もしていただきました。
高原先生には、お忙しい中(また、時間も限られた中)講演していただきありがとうございました。
また是非ぜひ講演していただきたいです(M)

« ガイドヘルプ説明会に参加しました! | トップページ | 金丸先生 療育相談会(^^♪ (安佐北区東) »

広島市」カテゴリの記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ