« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月27日 (水)

アクアスに行ってきました(佐伯区)

3月9日に、佐伯区社協主催のバスハイクに行ってきました。 行先は念願の「しまね海洋館アクアス」


ボランティアの皆さんとスバルの会の皆さんとご一緒に、学親会からは8家族22人が参加しました。


福祉バスで自己紹介やレクリエーションで楽しく過ごした後、到着してまずは腹ごしらえ。

用意して頂いた個室で、持参したお弁当などをゆったりと食べることが出来ました。


ペンギンパレードの時間に間に合ったので、急いで移動

1362800435770

こんなに近くで歩いてくれます

アザラシも笑顔

1362800843659

シロイルカショーでは幸せのバブルリングをなんと5連発

Dsc_1705_2

家族で楽しむ子、ボランティアさんと一緒に動き回る子

みんなそれぞれに楽しく過ごしました。

社協の皆さん、ボランティアの皆さん、ありがとうございました

Dsc_1697

2013年3月26日 (火)

H24年度 研究大会(報告)

《平成24年度 広島市手をつなぐ育成会研究大会》

平成24年12月9日(日)育成会総合福祉センターにおいて、平成24年度の研究大会が開催されました。

  Dsc_0578_4
 講演会では、講師としてお招きした柏学園・相談支援専門員の金丸 博一先生に「余暇について~豊かな生活を送っていくうえで大切な障害のある人の余暇について考える」の演題でお話していただきました。
Dsc_0586_6
←講演に先立ち執り行われた表彰式「本人表彰」の部で表彰されたみなさんです。
ステキな笑顔をありがとうございました
そしておめでとうございました

・・・《金丸先生の講演》・・・                             

 Dsc_0595_2
「子どもが何を余暇として楽しみを持っているか」「自分で好きなものを(選択肢も必要)決められているか」「リラックスできるもの、楽しめるもの、真っ白になれる時間を持てているか」「親離れ、家離れできる子どもに育っているか」「成長に合わせた声かけができているか」「預けるのが不安・大変と考えず、福祉サービスをしっかりと利用し、ヘルパーやサークルなど、さまざまな活動をさせているか」…その中から子ども達は“仲間”をつくることができる。「メリハリのある(バランスのとれた)生活を送れているか」「子どもの見本となるべき母親・父親が普通の女性・男性として充実した楽しい時間を持てているか」など、さまざまな観点から、子どものより良い余暇の過ごし方、見つけ方をお話ししていただきました。
 
 Dsc_0596
・・・《シンポジウム》・・・
シンポジウムでは、大学病院で清掃の仕事に従事されているUさんのお話し…一番の楽しみは『フレンドの会』や『広島県はつらつ友の会(代表として活動されています)』の仲間と行く「日帰り旅行」だそうです。障害者フライングディスクの審判の資格もお持ちで、今年度の全国大Dsc_0594会でも発表されるなど、積極的で、とても参考になる余暇活動を話していただきました。そして、そのご本人さん達を長年にわたり支援活動されているYさんのお話しも聞くことができました。保護者の立場からはKさんに、お子さんの生い立ちや現在のお仕事、余暇の過ごし方などをお話しいただきました。

「研究大会」に参加して…(参加者感想)

 【小5 保護者 N
  「どれくらいお子さんのことを知っていますか?」「これからどのように成長してほしいですか?」「親の思い込みはありませんか?」…先生から私たちへ、いくつかの問いかけがありました。それは、子どもと過ごす時間を素直に考えさせられる言葉でした。子どもが過ごす「余暇の時間」を考えると、ついつい良かれと思って、子どもが好きそうな事を親が探して、選んで、決めてしまいがちですが、好きな事も苦手な事もいろいろ体験していく中で、たくさんの人に出会い、その経験が本人の表情にも行動にも表れてくるそうです。親や周りの人の思い込みや価値観で決めるのではなく、“自分で決める”という機会をたくさん作ると、“自分が主役になれて、リラックスできる人との時間を持つことができ、本人にとって「幸せな余暇の過ごし方」へとつながるようです。 大会で表彰されたご本人の言葉に、「“仲間”と一緒に過ごす時間が、自分にとって大切な時間」とありました。いろいろな経験をされてきたのかなと、とても印象的でした。私たち親も、子どもも“充実した余暇の時間”を大切に過ごしていけると良いですね…。  
 
【小5 保護者 K
  先生のお話を聞いて、私の考えている余暇は子どもの余暇にはなっていないのではと考えさせられました。「余暇は、習い事でもいいが、自分で選んだ習い事でないと余暇にならない」「親とのおでかけでもいいが、結局そこは親の行きたいところに付き合わせただけ」“自分で決める”という機会を多く作っていくのが、本人にとって楽しい余暇につながる。「うちの子は障害が重いから…。何もできないから…。」と思い悩んだり、やりたいことが見つからず、比較する対象も与えられず、「あなたは昔から○○が好きよね」と周りの人に思い込まれたりします。「大人なのだからやめなさい」と身近な人の価値観で、いろんなことが決められてしまっている…子どもたちかも。成人された方の余暇の過ごし方を聞きましたが、一人の時や仲間と過ごす楽しみなど、とても素敵なお話しでした。今、子どもは小学生ですが、親以外の人との関わりやいろんな経験をし、自分で楽しい事を見つけたり、選んだり、余暇の時間を楽しめる大人になってほしいと思いました。   
 (育成会たより 53号より)
 

2013年3月24日 (日)

スポーツレクリエーション(佐伯区)

2月23日、ハンズアップ広工大さんの今年度最後のイベント、スポーツレクリエーションがありました。

工大の広い体育館で、7家族19名が集まってスタート

「だるまさんが転んだ」「鬼ごっこ」「障害物サーキット」子供たちは意外なポイントで盛り上がります…

フリータイムでは「インディアカ」と言う珍しい競技で大人が盛り上がります…

心身ともにリフレッシュできたひとときでした

ハンズアップ広工大のみなさん、ありがとうございました!

2013年3月13日 (水)

進路について 南区

2月21日[木]の区会の時に進路について話し合いました。                                                 良君[中3]ママの感想です。                                                                                           今年、息子は高校生になります。どんどん進路のことが気になってきています。今回、卒後どのように生活しているのか、先輩のお母さんから生の声を聞くことが出来て良かったです。 色々な選択技があることを知りました。 区分判定の調査時での心構えも再確認出来ました。しっかり我が子の現状や支援してほしいことを伝えようと思いました。

雪遊び 南区

2月10日[日]にもみの木森林公園に雪遊びにいきました。参加者は29人ボランティアさん6人でした。 坂口君[高3]の感想です。 初めて雪遊びに参加しました。ソリで滑ったり、かまくらを作りました。とても楽しかったです。また参加したいです。

2013年3月 5日 (火)

☆ 啓発委員会より ☆ ごくろうさま会を開きました ♪

2月25日(月)、今年度最後の「育成会たより53号」を発行いたしました。
この一年間、みなさまには原稿をはじめ、いろいろとご協力をいただきました。
おかげさまで、育成会 会報(2回)と、育成会 たより(3回)を無事に発行することができました。
大変お世話になりました。そして、ありがとうございました。(啓発委員一同
一年間がんばってきたご褒美に(笑)恒例の“ 啓発ごくろうさま会 ”を開きました。
Dscn0931_1566_3 みなさま、お疲れ様でした~
当日、残念ながら欠席された委員さん。体調を崩され、お休みされた委員さん。ご都合のため発送作業でお帰りになった委員さん。みなさんの分も、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
来年度、新しい委員会で活動される方もいらっしゃいます。
たくさんの出逢いや経験は、これからも、私たちみんなの大きな輪になって繋がってくれることでしょうね・・・
新しい委員さんも仲間入りして、来年度も元気いっぱいがんばります。みなさまどうぞ、よろしくお願いいたします。

安佐南区支部 活動 1月・3月

皆さま、連日の支部活動お疲れさまです
今年度も残りわずかになりました。。。
インフルエンザや花粉なんかに負けないで、元気に過ごしましょうね~
安佐南区支部 活動報告をします
 1月25日(金) 平成25年度役員選出(安佐南区総合福祉センター / 参加者 約60名)
 Dscn0865_1522               
 役員の皆さま、お疲れさまでした
 新役員の皆さま、よろしくお願いいたします  
 
 
 
               
 3月4日(月) 見学会 社会福祉法人あさみなみ ケアホーム「あたた」
                上安作業所 ・・・ 喫茶「いくせい」で食事会
                                            (参加者 29名)
Dscn0955_1590 ケアホーム「あたた」
(安佐南区沼田町伴3424)
名前の由来・・・ほっと安心したときに「あーよかった」の意味で
「あたた」と胸をなでおろす仲間がいます。
家族から離れても、仲間たちが安心してくらせる温かい家にしたいというスタッフの思いを込めて「あたた」と名づけられました。
男性棟・女性棟の部屋があり、現在8名の利用者さんがいらっしゃいます。春からは、全部の部屋が埋まるそうです。
近くには、交番や病院があり安心です。コンビニやスーパーも歩いて行けるところにあります。
工事中の1階には、第2 あさ作業所が出来るそうです。
Dscn0956_1591               Dscn0959_1593  Dscn0957_1592
                                  
 
Dscn0964_1598 Dscn0961_1595_2Dscn0960_1594 
日当たりもよく、快適な個室と、
清潔感のある明るいキッチンダイニングとリビング
 
                                            
                                     
                                               
                                      上安作業所(安佐南区上安)
 
Dscn0965_1599 Dscn0966_1600 Dscn0968_1602
 
試供品の作成や、自動車部品の組立など、一つずつ丁寧に手作業されていました。
お仕事中にもかかわらず、皆さん笑顔で対応してくださり、ありがとうございました
 
             
上安作業所から歩いてすぐの、バスターミナル内に喫茶があります。今回は、お店を貸し切っていただき、参加の皆さんとゆっくり食事やおしゃべりを楽しみました~            
          
                                       
                                                  
喫茶「いくせい」(上安バスセンター店)
Dscn0969_1603
売店の接客風景・・・                明るい店内・・・ Dscn0977_1611
Dscn0970_1604
         
喫茶メニュー 
いろいろ
Dscn0973_1607 Dscn0975_1609 Dscn0971_1605
  
 
えびピラフ          鍋焼きうどん               ハンバーグカレー
Dscn0978_1612
見学会、無事終了です。。。
作業所で働かれている方、喫茶で接客してくださった方、皆さんとても和やかで、一生懸命な姿が印象的でした
ぜひ皆さんも、見学に訪れてみてくださいね
そして、参加された皆さんのご意見・ご感想は、ぜひ今後の活動の参              考にさせていただきます お疲れさまでした~

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ