« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月26日 (金)

安佐南区支部 ♪ 春のお出かけ ♪

新学期、新生活が始まって一ヶ月・・・
毎日慌ただしく過ぎていきますが、楽しく元気にいきましょうね~
4月6日(土) 春休み最後のお休みに、春のお出かけを企画しました
予定では、ポカポカ陽気の中、中央公園「シャボン玉おじさんとシャボン玉をしたり、ゲームをして遊びましょう」という内容でした・・前日からの雨・風警報の心配もあり、安全に遊べる室内に場所を変更し、あいにくの雨にはなりましたが、中央公民館をお借りして楽しいひと時を過ごしました  (子ども 12名、保護者 10名、ボランティアさん 12名)
Dscn1007_1637 昨年のクリスマス会でも登場してくださったシャボン玉おじさん、予想以上に集まってくださったボランティアさん達と一緒にテーブルを並べて、少し早めにお昼ごはん食べました  美味しいお弁当にプラスされ、おしゃべりも弾み、子ども達とボランティアさんも一気に仲良くなれたようでした
P4060831_4  ごはんを食べてゆっくりしたら、そろそろみんなで遊びましょう シャボン玉おじさんの不思議なマジックとシャボン玉遊始まりで~す なかなか割れないシャボン玉に、子ども達も大喜び  たくさんできたシャボン玉に、みんな夢中になっていました
P4060842
P4060905
 シャボン玉で遊んだあとは、フルーツバスケット
初めての人にも分かるように、みんなにフルーツの絵が描かれた名札をつけてもらいますまずは練習・・・「バナナの人~!」とお題を言うと、バナナの名札をつけた人だけが椅子を移動します。「りんごの人~!」「いちごの人~!」・・・みんなお題をしっかり聞いて、上手に移動ができました。今度はアレンジに挑戦!!「男の子~!」「女の子~!」から始まって、「今日、アストラムで来た人~!」などなど・・・お題を言うことになった人には、簡単な自己紹介もしてもらいました~みんなとっても上手でしたっ
次は、シャボン玉おじさんと、ドキドキ わくわく バルーンアート 細長い風船をあっという間にプードルに変身させたおじさん。みんなも興味深々&おっかなビックリで(笑)チャレンジしましたデリケートな風船を触るのも、ひねるのも苦手な人もいましたが、おみやげもできてよったですね
P4060966 続いて・・簡単なクイズ遊び「おかあさんの手、ど~れだ!」をしてみました カーテンの向こうにお母さんがいて、カーテンの下から手を出してもらいます。自分のお母さんの手がどれかを当ててもらうゲームです。さすがに、いつも見ているお母さんの手見ただけで、触っただけでみんな正解してしまいました~ ちょっといじわるして、ボランティアさんにも入ってもらいました。それでも、何人かの子は、お母さんの手を当てちゃいました~
P4060972 P4060973  最後じゃんけん列車をして、みんなで仲良く列ができました~
皆さん、お疲れさまでした~ 雨にもかかわらず、たくさんのご参加ありがとうございました~ 回を重ねるたびに、子ども達の楽しそうな笑顔が広がっていきますこれからも、どんどん楽しいことをみんなで作っていきましょうね~ 今回お世話になった、シャボン玉おじさん、ボランティアの皆さん、企画担当の皆さん、ご協力本当にありがとうございました~どうぞ、次回もよろしくお願いいたします~                       

2013年4月25日 (木)

二葉の里散策 南区

                
          4月20日(土)
南区の余暇活動 マイキーズの報告です。
25年度初めは二葉の里散策でした。
本人、保護者・兄弟・ヘルパーさん22名、ボラさん8名、社協スタッフ2名の参加がありました。
あいにくの冷たい雨でしたが、参加者は時にゆったりと景色を眺め、時に
パワフルに坂を上り、歴史を感じながらそれぞれ楽しみました。
ボラさん作のちょっとレベルの高いロジックを考えながら、国前寺・聖光寺
尾長天満宮を約一時間半かけて回りました。
室内の活動とは違う解放感で、いつもと違う一面を見せてくれたメンバーもいましたよ
けがもなく無事に終わりましたね

今年度は、野外活動を増やすプランを考えています
  
 お楽しみに~
20130420_152752_220130420_15291720130420_152931

2013年4月 2日 (火)

餅つき&ぜんざい(佐伯区)

子供会の年間行事の締めくくりとして、3月24日(日)にみんなでお餅つきをしました。

「さえきふれあいグループ」の皆さんにご協力を頂き

佐伯区三宅の「みんなのわが家」で14家族40名が参加しました。

1364100860932


木の臼です!

杵も、子供たちが一人でつけるサイズのものを準備して下さり

小さなきょうだいも張り切りました


1364103412523

みんなで丸めて


1364101409069_2


ぜんざいを食べました。

心配していたお天気にも恵まれ、てんやわんやでしたが何とか終了

行き届かない点も多くご迷惑をお掛けしたこともありましたが

ご協力頂き本当にありがとうございました

家庭教育学級…報告

家庭教育学級
Img_20130123_114033
1月23日(水)の家庭教育学級では、賀茂精神医療センターの元山 淳先生に「~自閉症児者の性について~」のテーマで講演、及び質疑応答をしていただきました。
当日の参加者は120名余りで、お子さんがまだ幼児の方から、中年期に差し掛かられている方までと幅広い年代の保護者の方々が来られていました。皆さんの関心の深さが伺い知れます。
その中から、お2人の保護者の方の感想を紹介します。(育成会たより53号より)
        
[小4 保護者]
 今回、初めて元山先生のお話しを聴かせていただきました。
 「心と体の変化」には、年齢や個人で違いはあるけれど、大きく分けて4つの段階があること、親の立場からの思い、性教育の必要性、思春期にみられる症状など、本当にわかりやすいお話でした。我が子も、思春期の入口にさしかかっています。 “言葉のミスマッチ” というお話の中で、「子ども達は、お母さんに怒られんようにするために 『うん!』 と言ってるんじゃないんね」…ドキっとした言葉でした。 自閉症でも、軽度といわれる子どもさんが増えています。 言葉が話せても、お互いの言いたいこと、思いが本当に伝わっているか? 私たち大人は、状況を見ながら予測を立てています。 「それが難しい子ども達は、大量のストレスを持ちながら、それでも頑張っとるんよ」…その言葉に、涙が出そうでした。     “少し踏み込んで聞いてみる” “子どもの頑張りを認めてあげる” そして “親が疲れすぎないように” そのためには、子どもを一緒にサポートしてくれるサービスを利用したり、不安な事を話せる場所や仲間を見つけることで、孤立しないことが大切だと感じました。 早くから思春期の心と体の変化を学ぶことで、親の方も心の準備ができますし、先輩保護者の経験談を聞くこともできます。
「思春期」「性」は、親にとってもデリケートで難しい内容だと感じました。 これからも、色々なお話を聞きながら、一歩一歩子どもと一緒に成長していきたいなと思っています。
元山先生、これからもよろしくお願いいたします。
       
[小6 保護者]
Img_20130123_
「障害児も健常児も同様に思春期を迎える」要するに、誰もが通る道で大人への一歩です。私(母)も経験者であり、子どもの思春期も当たり前、むしろ喜ぶべきことと気軽に構えていたいものです。 しかし、母としては、子ども(特に男の子)の成長期は対応に困る行動もあり、暴力行為などが起きると、我が子ながら恐怖心を感じてしまいます。 環境の変化に弱い自閉症の子には、自分の体の変化や母親との心理的分離などの対応に迫られ、恐怖心から心のバランスが崩れ、それがうまく表現出来ないことが暴力というかたちで現れることがあるようです。 それには、父親や第三者の介入が有効のようです。 他に、思春期前に異性との交流の機会を作ることも、女性=弱い、母=女性→弱い→手をださない、気づかう、と自然に認識し、学べる場として大切なようです。 
しかし、感情のコントロールが難しい子どもたちにとって、それはかなりの労力を使うこととなり、そのことを理解し、見守ってあげられる母になれるよう私も精進したいと思います。

4月の区会日程&区会報告(東区)

 
新年度(H25年度)の初めての東区定例会の日程と内容です。
東区の会員の皆様、よろしくお願いします
日時 : 4月19日(金) 10:00~12:00
      …通常は第2金曜日ですが、今月は第3金曜日です!
場所 : 東区総合福祉センター
内容 : 社協さんとの顔合わせ、役員紹介、会計報告、他
    
1月11日(金)…1月定例会
Img_20130111_1141362
講師に音楽療法士の合木(アイキ)明子先生をお招きして、「音楽療法について」色々と学ばせていただきました
声楽家でもある合木先生は、音楽療法やリトミックを高齢者施設や公民館などで教えてもいらっしゃいます。
Img_20130111_1141071_3
音楽が持つ力…内臓の機能強化や脳の活性化など色々とお話しくださり、私たちへは歌の指導や腹式の発声方法までも教えて下さいました。 時間があっという間に過ぎてしまったので、是非またの機会に教わりたいです
    
2月8日(金)…2月定例会
2月は毎年恒例の「先輩お母さんのお話」を聞きました。
Ts3y0035お子さんが昨年度特別支援学校を卒業された、東区の2人のお母さんには、生い立ち、進路先、余暇の過ごし方などのお話しいただき、安佐南区からお越しいただいたお母さんには「ウチの子の話しは失敗例として聞いて下さい」と(もちろん、そんなことありませんデス!)、高等部を卒業され、一般就労されたお子さんが突き当たった困難、その後の大変だった家庭の状況をお話しいただきました。…つらいお話しでしたが、どの家庭で起こりえる可能性があるので、みな心して聞き入っていました。
    
3月1日(金)…3月定例会
この日は、来年度の予定決めと、役員決めをしました。
みなさ~ん、今年度も、お子さんのこと、家庭のこと、仕事のこと、育成のこと、遊び……もろもろお疲れさまでした

2013年4月 1日 (月)

門出を祝う会 南区

門出を祝う会 南区
門出を祝う会 南区
門出を祝う会 南区
門出を祝う会 南区

3月16日[土]南区役所別館で対象者2人の門出を祝う会を行いました。参加者30人ボランティアさん19人でした。 最初にお弁当を頂いてからレクレーションをしました。転がしドッチ、シーツバレー、達磨さんが転んだ、ビンゴゲーム、等々みんなで楽しみました。最後にボランティアさん手作りの素敵な色紙や会からのプレゼントを卒業する2人に贈りました。ボランティアさんが部屋中ステキに飾り付けして下さっていて、思い出深い会になりました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ