« 『レクリエーション教室』日程、場所変更のお知らせ(文化スポーツ委員会) | トップページ | バス遠足(安芸区) »

2016年10月31日 (月)

10月定例会報告(東区)

《東区10月定例会》

1014()10時より東区地域福祉センターボランティア研修室で東区の定例会がありました。

 

今回は広島市発達障害者支援センター相談員の上藤桃子先生においでいただき、発達障害についての学習会を開催しました

 

 

Img_0587 発達障害、とよく聞くし言ってるけど考えてみればちゃんと学習したことがないっ!とまずは基本的なところから学びたいとの声があがり、学習会開催となりました

 

 発達障害とは、生まれつきの脳のタイプ特有の発達の偏りがある領域で優れた能力を発揮することもあれば、暮らしや人付き合いのしずらさにつながるとゆうものです。知的障害を伴うものから伴わないものまで自閉スペクトラム(広範性発達障害、自閉症、アスペルガー)、学習障害、ADHD、トゥレット症候群、言語障害、等、発達障害者支援法の定義する発達障害について特性のご説明と支援についての考え方のまとめを頂きました

 

 長年、発達障害と見たり聞いたりしていたけどやっと頭の中で整理できた次第です

 

 学習の中で印象的だったのは発達障害を抱えている方が発言されているビデオの中に‘正常であろうと見えるように常に生きることに苦労や努力をしてきた’との女性の言葉です

 我が子は自閉で知的障害も重度です。でもこの女性と感じ方がきっと一緒なんだ、と思うといとおしさと共にキツイ母でごめんね、と反省でした←ただし、この反省は一時的ではありますが

 

 我が子たちは大変な思いをしながらも生きてる...人として尊敬しなければ、ですね

 また新たに日々の生活も頑張ろう!と思えた1日となりました。上藤先生、ご参加の皆さん、ありがとうございました

« 『レクリエーション教室』日程、場所変更のお知らせ(文化スポーツ委員会) | トップページ | バス遠足(安芸区) »

東区」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ