« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

西区 7月 勉強会 『先輩保護者の話』

西区7月の西区会(定例会)は、『先輩保護者の お話 』を聞く。
ということで
育成会で相談委員をされ、また、いろいろな場で、保護者の立場からメッセージを発信しておられる、高橋さん(育成会相談委員会、副委員長)に、お話を聞きました。

出来たこと、出来なかったこと、
楽しいこと、うれしいこと、
哀しいこと、残念なこと、
助けて欲しかったこと、助けてもらったこと
などなど

親として、子供さんの成長、人生に寄り添った 経過を、子供さんの 幼少期~現在に至るまでの 経緯とともに、穏やかで抑制の効いた、心にしみこむような あたたかい語り口で話して下さいました。 

…親の人生も、子の人生も、生きていく時にはいろいろな出来事がやって来る事は、自明の理
私たちも、その場その場で、迷いながら、立ち止まらず、日々 クリアしていかなければなりませんよね。(できれば、軽く、楽しく…)

●…
高橋さんは、何人かの方に助けてもらったことを例にあげながら
親の希望、親の思い込みではなく、

『子ども達に、必要な支援とは、何なのか』を、常に考えながら、本人さんに寄り添う事の大切さを、伝えられたと思います。

その時、その時を、懸命に、しなやかに、力強く、生きてこられた、高橋さん、だからこその、
今、そして、これからも、明るく、語られました。

高橋さんは、今、
育成会の相談委員(相談委員会・副委員長)のかたわら、
障児者を理解してもらう啓蒙活動『あび隊』の活動も、強力に推進されています。
 いま、『あび隊』のような、啓蒙活動は、全国的な広がりをみせております。 会員の皆様のご協力に、期待が寄せられています。

高橋さんは、育成会の方々に、感謝の言葉を述べられると共に、そのお返しがしたいと言われました。 今後も、育成会活動に邁進されることでしょう

言葉ひとつひとつが、響いてきます。

ちなみに、高橋さんは、自分のご趣味~
山歩き など~ご自身の人生を楽しまれる事を、しっかりなさっておられますこれも、私達のお手本ですね。

高橋さん、本当に、ありがとうございました


《感想》
子どもの幸せを願わない親は、おりません

親の人生、子どもの人生
別々の人、別々の人生です
子ども達のすべてを理解してあげることは、難しいかも知れません。
●…子ども達に必要な支援とは、何なんだろう
●…子ども達は、今、なにを、必要としているのだろう?
この事を忘れず、親の一方的な思い込みになっていないか、チェックしつつ
子供の自立を、支えていくために、親に出来る事とは 何なんだろう
(…
親の自立に、繋がりますね…)

・子ども達を、見守り、寄り添い、地域社会で生きて行く事の 意味、責任を、今一度、考える機会となりました。

・参加された皆様は、それぞれの立場で、いろいろと、それぞれの
 想い、学びが、あったことでしょう。  (その機会と、なっていれば幸いです)

日々、毎日を、とりあえず、元気に(元気そうに)、明るく(明るそうに)過ごして行きましょう
明るそうに元気そうに生きる 親の姿を、子ども達に、みせてあげましょう。
そんな風におもうことです

また、皆様、西区会にお越しください。いろいろと、今後も、企画しております。


9月8日(金)施設見学『ひといき』
●10月6日(金)田中先生 研修会開催場所が、打越町『育成会総合福祉センター』に変更になりました。お間違えなく
●11月10日(金)古田先生・相談会

どうぞ、ご参加下さい。


2



2017年7月26日 (水)

佐伯区7月 おしゃべり会(学齢期)

7月19日(水)、佐伯区では今年度一回目のおしゃべり会をしました。対象は未就学児と学齢期の保護者です。
ゲストには、育成会副会長の金子麻由美さんをお招きして、色々とアドバイスをして頂きました。

学齢期のお子さんの親の参加は4名でしたが、他に高等部や、もうすぐ二十歳を迎えるお子さん、成人のお子さんの親も含め、10名でした。

日頃の心配事や困り事、思春期について、それから年金申請の話も出ました。将来の年金申請の為に、子供の頃に困った事や、学校の先生の連絡先をメモしておくと役立つと、金子さんからのアドバイスがありました。
子供の頃どれくらい困ったかが、療育手帳Bの場合には年金を受給できるかどうかに影響するそうです。

他にも、兄弟ゲンカをすることを悩んでいるお母さんには、兄弟ゲンカも社会に出る前には必要な事で、力加減とか、相手との付き合い方を覚えるきっかけとなると言う話も出ました。

それから、思春期には体を動かす事で、ストレスが発散できるので、プールで泳いだり、山登りをしてみたらいいのでは?とか、その際に移動支援を使ってみたらいいねとかの話になりました。

話題は次々と出て、あっと言う間の時間でした。まだまだ話したいと言う感じで終了の時間になりました。

2017年7月 9日 (日)

西区  青年部 6月バスハイク

6月25日(日)、青年部(参加20人 20代~60代) バスハイクがありました。


『ガラスの里』(安佐北区)で、

・『ガラス細工・体験』~ブレスレット、ネックレス、ストラップ、万華鏡~
 …思い出の作品を、皆様、作られました


・『お好み焼き作り』
 …昼食も、「ガラスの里(レストランの2階~材料鉄板などは、全部用意してくれる)」で、広島風お好み焼きを、各自で、焼いて、食べました。



 その後、心配していた雨も、ほとんど降らなかったので、バスに乗って、

・『広島県緑化センター』に行き、昼食の腹ごなしがてら、緑の木々の中、森林浴・散策をして、心身をリフレッシュして、帰路に就きました。


今回のバスハイクは、広島市近郊で、体験型のレクになりました。
 …ビーズ作品ゲットして、作って食べて、爽やかウォーキングの初夏の一日でした。


・次回のバスハイクは…さて、どちらで、何を見て?…何しましょうか?


今回の参加費…
 ・ガラス細工代金(324円~756円)、各自持ち
 ・お好み焼き、1枚756円、各自持ち
 ガソリン代金…西区活動費より、負担


1


2


3


4


5


2017年7月 6日 (木)

南区  6月の行事報告2

6/15(木)=かけはしについて

 南区社協の担当者の方より、例を挙げて詳しく事業内容をお聞きしました。

その中で日常金銭管理サービスがあり 将来息子にも必要になるかも・・・・と思いました。

これからも勉強会等参加して子供に必要な支援について考えていきたいと思います。

                    H君(22歳)母 の感想より

南区  6月の行事報告

6/1(木)=グループホーム‘こいうえ‘見学

己斐の街を走るボンバスの路線から少し入った住宅街にある2階建てのグループホーム。これまで見学に行ったグループホームにはなかった新しい形、みんなが集う食堂は明るい雰囲気だし、お部屋はおちつける内装になっていて、その中で皆さん主体的に生活されている様子でした。

わが子も、こんな所で共同生活を送れたらいいな~と 夢を描いた一日でした。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ