佐伯区

2019年6月24日 (月)

佐伯区 民生委員さんとの交流会

6/1(土)、佐伯区でのサークル活動「コーラス」の場をお借りして、民生委員さんとの交流会を開きました。

お忙しい中、10名の民生委員さんが参加してくださり、本人28名、家族ヘルパー27名、コーラスの先生を加え総勢66名でした。

前半は先生の指導のもと、皆で歌を唄いました。真面目に、大きな声で唄う本人さん達。上手だね~と驚く民生委員さん達。

後半は8~10人ずつグループに分かれて交流しました。

なるべく近い地区で、民生委員さん1~2名ずつ、ヘルパーさんも保護者もグループ内に入るようにしました。

どのグループも楽しく盛り上がったようです。

皆さんの感想の一部を紹介します。 

1a75681cc4d2475989e155ea24bb7273


★民生委員さん

・楽しい時間を過ごさせて頂きました。これからも仲良くできたら!

・ヘルパーさんの話も聞けて、実情が少し理解できました。

 ・親として、それなりの自立を考えておられる、そして明るいお母さん達に安心しました。

・色々な施設や作業所を見学したことはありますが、当事者の方や保護者の方達と一緒にお話できたことは大変有意義だったと思います。

皆さん明るくて、歌も上手でびっくりしました。コーラスグループも15年経つとのこと、地元にいても知りませんでした。これからも応援したいと思います。


★本人さん

・「上手に歌うね」と言われて、とってもありがたくて、感謝でいっぱいです。

・グループで話ができて良かった。またグループごとに話したいです。

・○○さん(民生委員さん)と茶話会を開いて楽しかったよ。


★保護者、ヘルパー

・お互い知り合うことで、本人達の行動範囲や理解が広がっていくことがわかりました。

・民生委員さんがどんな仕事をされているのかわからなかったけど、説明をして頂いてよくわかった。

・民生委員さんから何でも相談して下さい、電話下さいと言われ安心しました。

・地区の民生委員さんと知り合いになれて良かった。町内に障害のある子が頑張っていると伝えられて良かったです。

・民生委員さんの顔を覚えられたら、本人にとっても良いことだと思います。


嬉しいご意見が多くて疲れも吹っ飛びました(笑)

今後も、皆さんのご意見を取り入れながら、より良い交流会を行っていけたらと思います。

佐伯区🚌バスハイク〜みろくの里〜🚌

青年部は6月2日(日)にバスハイクでみろくの里に行きました。親子合わせて19名。ここ数年、青年部はみろくの里に毎年来ています。おかげ様で今年も雨が降らず、園内を楽しめることが出来ました。

昨年と比べて、園内の様子はさほど変化なく、新鮮味が少くないのですが、昭和感を感じられ、昭和育ちの方は懐かしく感じながら、楽しめたのではないかと思います。

Ea5d3ad9b1924271aa507eaf2efef929

我が家の娘は平成生まれなので、昭和感はよく分からないようで、とにかく乗り物に夢中でした。もういいのではないかと思う位、同じ乗り物に何度も乗ってました。

034fe9081a5c43399ab225ea9f177973

今年の5月から年号が令和に変わり、どんどん変化していく世の中ですが、みろくの里は昔ながらの遊園地のままで、大人は童心に帰れるし、子供は待ち時間がほとんどなく乗り物に乗れるのがいいですね。



佐伯区 ☘会員交流会🍀

 5/15(水)、ゲストに広島市佐伯区障害者基幹相談支援センター、地域生活支援センターいつかいち、広島市重症心身障害児者相談支援センターから、それぞれの相談支援専門員の方を全部で4名お招きして、会員交流会を開催しました。それぞれのセンターでどう言った事をされているのか、お話しを伺いました。

他には、地域生活支援拠点や自立支援協議会の説明などのお話しもありました。

その後、会員さんそれぞれの近況報告と現在の悩みなどを話しました。ゲストの相談支援専門員さんから助言をいただいたり、会員さんどうしで色々話したりと話しがはずみ、あっと言う間の時間でした。

今年度最初の区会ということで、新しい会員さんも合わせて19名の参加となり、相談支援専門員の方をお招きしての交流会は、皆さん関心が高いようです。今後も続けて繋がって行けたらいいなと思いました♫

2019年3月 4日 (月)

お餅つき体験

2月9日に佐伯区社協さんと「ふれあい  おもちつき体験」を開催しました。

開始前には小雨の心配がありましたが、多くのボランティアさんにご協力頂き無事に開催する事ができました。

さえきふれ愛グループさんには会場設置~事前準備も含め、お餅つき作業をお手伝い頂きました。
学生ボランティアさん、地域の民生委員さんには、つき上がったお餅を丸める作業を中心に子どもたちと活動して頂きました。

蒸しあがったばかりの熱々のもち米を石臼に移し、まずはふれ愛グループの方に潰していき、その後子ども達が実際についていきました。

初めて杵をもつお子さんが殆どでしたが、ボランティアさん・保護者の「ヨイショ」の声にあわせて振り上げた杵を落としていきます。

みんな上手に臼の真ん中に落とす事ができました。

Dsc_0019_2



つき上がった餅をすぐ丸めていくのですが、餅とり粉をしっかりつけないと手にくっついて惨事が…
粉だらけになりながらも、繰り返すうちに上手に丸める事が出来ました。

Dsc_0023


出来立ての柔らかいお餅を皆で食べました。

きな粉、砂糖醤油、海苔、大根おろし、ぜんざい。
バイキング形式で、それぞれが好みの味を楽しみました。

自分でついて丸めたお餅の味は格別だったようです。

楽しかった、美味しかった、触ると柔らかかった等沢山の感想を笑顔と共に頂きました。

多くのボランティアさん、民生委員さんのご協力のお陰で楽しい貴重な体験が出来た事に感謝です。

2019年2月26日 (火)

[佐伯区学親会]お楽しみ会🎤のお知らせ

卒業・進級祝お楽しみ会(カラオケ)のお知らせ

もう間もなく3月ですね
卒業・進級を迎える前に楽しい思い出作りをしませんか。

日時:3月3日(日)12:00~14:00
会場:カラオケまねきねこ広島五日市店(造幣局向かい) 現地集合
会費:小学生300円 大人(中学生以上)600円

ドリンクバー付きです。必要な方はお昼ご飯の持込可能です。
少しですがお菓子を用意しております。

興味のある方はお近くの役員までお知らせください

2019年1月 8日 (火)

佐伯区(学親会) お餅つき体験のご案内

新たな1年が始まりましたが、皆様どのようなお正月を過ごされましたか?
今回はお正月に食べたお餅を、実際に杵でついてみたい!!というリクエストをうけ
餅つき体験を企画しました。
下記内容にて実施予定です。
参加希望の方は佐伯区 石飛もしくはお知り合いの役員までお知らせ下さい。

日時:2019年2月9日(土)9:30

会場:佐伯区地域福祉センター及び地域住民の方のご自宅(庭&屋内)

人数:親子合わせて20名程度

参加費:1人200円( 親子2名で参加の場合は400円になります)

持参物:エプロン、三角巾、マスク、手拭きタオル、水筒

スケジュール:

9:30  佐伯区地域福祉センター6階大会議室集合・受付
       →徒歩にて餅つき会場(個人宅)へ移動(5分程度)

10:00  餅つき開始
       ※実際に杵で数回ずつ餅をつき、餅を丸めます

11:30  餅完成
       →徒歩にて佐伯区地域福祉センターに戻ります

11:45  6階大会議室にて食事

13:00  片付け・解散

※福祉センターから会場への移動は5分程度です。
  餅をつくのは屋外、丸めるのは屋内で行います。
  屋外へ出ますので、暖かい服装でお越しください。

※お箸や紙皿類、きな粉・あんこ等は用意します。

申込締切:1/25(金)  定員に達した時点で終了となります。
申込の際は、お名前・学年・連絡先電話番号をお知らせください。

2018年12月29日 (土)

佐伯区 青年部クリスマス会

青年部は毎年恒例のクリスマス会を12月9日に行いました。
今年も沢山の会員さんに来て頂きありがとうございます。
今年は音楽をメインとしたクリスマス会となりました。

午前中はヒューマンソンググループ・ザ・わたしたちの皆さまに来て頂き、
楽器演奏しながら歌ったり、一緒に踊ったり、パネルシアターを見せてもらったりと
とても楽しませて頂きました。

午後からはビンゴ大会でクリスマスプレゼントをもらいました。
そして最後はお決まりの曲、カープの歌を歌い、今年再ブレイクしたDA PUMPのUSAを踊ったりと
最後も歌って踊って終了しました。
今年も1年があっと言う間でしたね。
来年も会員の皆さまが健康で良い1年でありますよう願ってます。

2018_1_6


2018_2_4









栗原信二先生研修会報告 (3区合同研修会)

11/2(金) 広島市西区地域福祉センターで、西・中・佐伯 3区合同研修会を行いました。

広島大学の栗原信二教授を講師にお招きし、
「発達障害の子どもの対人関係の支援(対人関係トレーニング)    ~二次障害を起こさせないために~」
というテーマで講演して頂きました。

「二次障害は発達の問題ではなく精神的な問題」
「楽しく生活できていたら二次障害にはなり得ない」
というお話が印象的でした。

専門的なお話でありながら、とても分かり易い。
納得できる事が多く、自分に置き換えて考える事ができた。
いかに子どもに頑張らせているか、良く分かった。
今日から始められる事を教えてもらえたので、さっそく取り組みたい。
まだまだお話を聞かせてもらいたい。
といった感想が多く寄せられました。

研修会には約60人という大勢の方に参加して頂き、有難うございました。
平日開催となるとお母さんが殆どですが、今回はお父さんや支援者の方が複数いらっしゃいました。
お母さん以外の方も理解を深めようと参加下さったことがとても嬉しかったです。

佐伯区 金丸先生を囲んで

10/17(水)、金丸先生の相談会がありました。
毎年恒例の元気になる相談会です。
10~15時の長時間、参加者は19名!(午前だけ&午後だけの方も含め)
今回は小さなお子さんの保護者さんが多く、先生も喜んでおられました。

個人的には、初参加の不安そうなお母さんに「うまくいってますよ」と声かけられていたのが印象的でした。
きっと安心されたでしょうね。
親とは違う視点で子どもの良さを教えてくださったり、親の心が軽くなるアドバイスをたくさん頂きました。
先生のアドバイスは多岐に渡り広がっていくので、他の方の相談を聞くのも大変勉強になりました。

佐伯区 「先輩保護者に聞く」

9/12(水)、研修会を行いました。
テーマは「様々な暮らしの場~先輩保護者に聞く」です。
入所施設、グループホーム、一人暮らし、実家敷地内での一人暮らし、一人暮らし経験を経ての実家、
といった様々なパターンで暮らしているお子さんをお持ちの保護者7名にお越し頂き、経緯や現在の様子を伺いました。
参加者は学齢期~成人期の保護者10名でした。

入所施設やグループホームの詳しいことがわかりました。
グループホーム立ち上げの際の苦労話や、ホーム内での人間関係…それを乗り越えての現在のお話、感動でした。
一人暮らしでは、やはり何かしらの支援が必要。
制度をうまく利用したり、利用できる住まいを見つけたり…
やはり日頃から人脈を作ったり、アンテナを張っておかなければならないと感じました。

良いことも悪いことも経済的なことも赤裸々にお話してくださった先輩保護者の方々、ありがとうございました!
大いに参考にさせて頂き、わが家のこれからをしっかりと考えていきたいと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ