西区

2018年7月17日 (火)

西区 活動報告(7月)

notenotenote西区「施設見学&ランチ会」notenotenote
7月13日(金)16名の参加者で
「グループホームこいうえ」の見学に行って来ました。
まず共同の食堂でサービス提供責任者の
新田様より、概要の説明をしていただき、
そして質問タイム。
Photo_2
やはり、
そう遠くはないことと皆さん考えて
いますので、生活全般・費用等金銭的
なこと・親子それぞれの心積もり等質問はつきません。
Dsc_01290102_2
可能な限り質問に答えていただいた後、
本人がグループホームに入って生活するという意識付けが大事」
という言葉をいただき、その後部屋の見学
をさせていただきました。
お忙しい中、ありがとうございましたhappy01
Koiue_2
そしてその後、
自由参加でLECTフードコートで
restaurantランチ会をしました。
7名でいろんな話をしながら
楽しい有意義な一時を過ごしましたnotes

2018年7月 4日 (水)

西区 活動報告(6月)

20180704115832_26月8日(金)西区地域福祉センターにて、6月の西区会を開催しました。 

参加者は17名。会員以外の方も複数参加して下さいました。 

今回は、「先輩お母さんのお話を聞く会」ということで、東区の会員で相談委員もされている新迫康子さんを講師に迎え、一般就労されている息子さんとの現在に至るまでのいろいろを、エピソードを交えてお話しいただきました。

新迫さんは、とても広い視野の持ち主で「これは?」と感じたことは、障害と直接関係なさそうなことでも積極的に勉強するため講演会等広島市以外にも足を運ばれたそうです。                                   
                                                         

かなり早い時期から将来働くために何をするべきかも考えて動かれ、「楽しいことを沢山経験する事」 「その時その時の本人の気持ちを認めてあげる事」等少しずつ見つけていかれたようです。
                                                            支援制度(法律)も日々変化していく中、今回聞かせていただいたお話は、参加者のこれからの力になると思います。                                                                    

新迫さん、ありがとうございました‼️

 

 

 

 

2018年6月14日 (木)

西区青年部バスハイク

sunsunsun西区青年部バスハイクsunsunsun

6月3日(日)西区青年部、今年度初のバスハイクに行って来ました。

行き先は、山口県宇部市にある「ときわ公園」。

1528683303171_4

山口 県はすでに梅雨入りして、動物園・遊園地・水辺の公園もありとても広~いところなので、

もし雨が降ったら・・・❓と心配しましたが、お天道様は今回25名の参加者の味方でした。 

快晴でとても風が気持ちよく、参加者は各々思い思いに3時間の滞在時間を過ごしました。

1528683303050_2


1528683303143_3

集合時間近くに参加者の方から偶然見つけた四つ葉のクローバー🍀を見せていただきました。

Kuroba_5

お天気と共にハッピーな気持ちで、今回のバスハイクを終えることができました










2018年3月12日 (月)

西区 活動報告(10月~3月)

今年度もすばらしい講師の先生に恵まれ、とても勉強になりました。
西区を支えてくださった講師の先生、また活動に参加してくださった方々、本当にありがとうございますheart01

10月6日(金)

『子供を守るために保護者のできる事』

社会福祉士 田中洋子先生

1_2
2_2





11月10日(金)

『(学齢期の保護者の方中心)なんでも相談会』

古田寿子先生

1_3

2_3




11月24日(金) 中区・佐伯区 合同企画

『竹内吉和先生研修会』

特別支援教育スーパーバイザー 竹内吉和先生

12月8日(金)

『相談支援の現場から見えてくるもの』

いくせい相談支援員 川中真央さん

2_4

1_4



12月23日(土) 10時~12時

『レクリエーション教室 フラワーアレンジメント』

片岡美子先生

1_5
2_5
3



12月23日(土) 13時~

『西区こども会 クリスマス会』

買い物ゲーム リース作り 絵本読み聞かせ

2_6
3_2
4_2
5


1月12日(金)

『金丸先生 なんでも相談会』

柏学園 相談支援専門員 金丸博一先生

1_6
2_7


2月9日(金)

オープンスペース


3月9日(金)

オープンスペース















2017年12月 5日 (火)

西区 9月 施設見学 『ひといき』

★施設見学★ 参加者10余名

八幡川のそばに建つ『ひといき』グループホームの見学に行きました(佐伯区利松3丁目25-43 TEL082-942-3957)。
障害者複合施設です。

通所施設-生活介護・就労継続支援B型・訪問介護ステーション…1F
グループホーム 9床・ショートステイ 2床…2F ※グループホームは現在満床とのこと

今回は主に、2Fのグループホームの中の様子を見せて頂きました。まだ開設されて約半年の新しい建物です。

1_2


2_2


3


見学の後、1Fの『ひといきカフェ』で、敷地内の手作り野菜で作った『マフィン』と紅茶、コーヒーをいただきながら、施設長さんからお話を聞きました。皆様、それぞれのお子さんに関して、将来のグループホーム入居を考えられて、熱心に質問されておられました。

・重度の障害を持たれている入居者の方にも対応(身体介護も可能、休日夜間も世話人が必ず在中する支援)できるグループホーム作りをされたそうです。

・ひとりひとりがいきいきと…という意味で『ひといき』。『食』をテーマに社会参加・健康・自立をサポートしてゆきたいsign01

diamond自然に恵まれた穏やかな環境の中、当事者や家族の不安や悩みをサポートすることで、安らぎと笑顔が生まれる。その笑顔が『自立』につながると考え、スタッフ一同、支援していきますsign01

とのことでした。


5_2


2017年9月23日 (土)

西区 レクリエーション教室「ゆったりのんびりヨガ教室」

汗ばむ陽気の「7/30(日)10:00~11:30」、「広島市心身障害者福祉センター和室」において「ヨガ教室」が開催されました。

10余名の参加があり、年齢層は10代から60代、男子の参加者もあり、ヨガへの関心の高さが感じられる顔ぶれでした(ヘルパーさんと参加された方、1人参加の元気な男の子さんもおられました)。

「ヨガって、健康に良さそう」「ヨガってどんな風にやるの?」「体が硬いのだけれど、ヨガができるかしら?」と、それぞれ、興味をもって、楽しみにされておられました。

筆者は、樋口先生のヨガ教室に参加するのは2回目ですが、1回目のミニトライアル(30分ばかし)で、とても気持ちが良くて、体がリラックスして、リフレッシュできたので、今回も楽しみに参加した1人です。

初めの自己紹介で(参加者のひとりのお子さんからのご希望で、自己紹介の場が設けられ)、初対面の皆様のお気持ちが、まず、解きほぐされたようです。

樋口先生は、とてもおだやかな語り口(そう!風鈴の音のような涼やかさで頭がすっきりとさわやかになっていくようでした)で、ゆっくりと、体の動き、体の動かし方、呼吸のし方、又、その動きの意味をお話しくださりながら、お手本を見せてくださいました。それにそって、各自、自分のできる範囲で無理をせず、体の動き、呼吸をまねて、ポーズをとっていきました。

ヨガの体の動きを、少しずつやっていくうちに、体の硬い部分がわかりますし、又、ほぐれてもいきました。体がゆるんで、のびて、リラックスしていくのがわかります。心も、おだやかに和んでいき、おちついてきます。

先生は、呼吸の大切さ(ここで息を吐きます、ここで息を吸います...と)を、伝えてくださったように思います。

参加者の中には、体を横たえて行うヨガのポーズをとっているうちに、スヤスヤと、思わず寝ておられた方もいました(本当にリラックスして、気持ち良かったのでしょうね、笑)。

いろいろと(名前も『猫のポーズ』etc.聞いたことある名称も)ヨガの体の動き、ポーズを、少しずつ教えてもらいながら、心身をゆっくりと伸び伸びリラックスさせた、約1時間半...皆様、心地よい時間を過ごされたことと思います。




参加された方の感想をご紹介します


体が思うように動かせるか心配だったけど、気持ちよく参加できました。

自己流で、勝手に、ヨガらしきポーズをやっていましたが、先生のご指導を受けてみると、全然やり方が違っていました。きちんと習うこと、大切ですね。

子どもが落ち着いて過ごして(参加して)くれて、良かったです。すぐには、同じようにポーズをとることは難しかったのですが、私(保護者の方)も、徐々にできる範囲で体を動かせてよかったです。



ご参加、ありがとうございましたheart01


今回の『ヨガ教室』での体験を、日常生活のひとコマで生かしてくださって、ストレスの多い日々を(リラックスタイムを持つことで、気分転換をはかったりして)、心身ともにヘルシーにお過ごしくださると...うれしいなと、思うことでした。



Img_1854

Img_1855


Img_1859


Img_1860



















2017年8月 8日 (火)

西区 青年部 7月 料理教室

clover7月23()10時~14

『西区青年部・料理教室』が


  観音公民館・実習室》で

   ・参加人数
16
   ・材料費ひとり250(1家族500)   

   
で、ありました。


lovely今回は

bread
サンドイッチ作り  🍕手作り ピザ作り    barデザート(市販のフルーチェ ) 作り
に、挑戦しました。


・材料は、


トマト🍅、きゆうり、レタス、玉ねぎ、パプリカ、ピーマン、🌽トウモロコシ などの野菜類

🐣、焼豚、シーチキン、バター、マヨネーズ、カラシ

チーズ、🍕ピザ生地、ピザソース 

breadパン 2種類

牛乳、フルーツ缶詰 などなど

・デザートは、市販の『フルーチェ』フルーツcherryapplebananaのせ。


cloverサンドイッチの具作り も、切り方も、はさみ方も、はさむ量も、🍕ピザの形も、具ののせ方も、盛りつけ方 すべて、各班の自由

cloverそれぞれの班(2家族、四人)で、思い思いの breadサンドイッチ、🍕ピザ が、できていましたwink

(🍕ピザ作りピザ生地を、麺棒で伸ばして、ピザソースつけて、野菜や具を乗せて、チーズ 乗っけて、オーブンで焼いて、あっという間に本格的な、🍕ピザの、出来上がりsign01)

clover洗う、切る、塗る、乗せる、はさむ、盛り付ける、測る、混ぜる、注ぐ、ちぎる、

そして
happy01食べるnoteと、

本人さん達が、持てる技能を、しっかりと、発揮できた今回の料理教室heart04(…ほとんど、火🔥を、使う事のない、typhoonクールなメニューgood)


happy01毎回、食べて、大満足の料理教室sign01

 restaurant自由で楽しい料理教室の様子、

(参加スタイルは、毎回、自由sign01食べるだけも、もちろんoksign03bleah)

restaurant皆様の思い思いの盛りつけの様子を、写真で、どうぞ、ご覧下さい。



1


2


3


4


5


8


7

2017年7月31日 (月)

西区 7月 勉強会 『先輩保護者の話』

西区7月の西区会(定例会)は、『先輩保護者の お話 』を聞く。
ということで
育成会で相談委員をされ、また、いろいろな場で、保護者の立場からメッセージを発信しておられる、高橋さん(育成会相談委員会、副委員長)に、お話を聞きました。

出来たこと、出来なかったこと、
楽しいこと、うれしいこと、
哀しいこと、残念なこと、
助けて欲しかったこと、助けてもらったこと
などなど

親として、子供さんの成長、人生に寄り添った 経過を、子供さんの 幼少期~現在に至るまでの 経緯とともに、穏やかで抑制の効いた、心にしみこむような あたたかい語り口で話して下さいました。 

…親の人生も、子の人生も、生きていく時にはいろいろな出来事がやって来る事は、自明の理
私たちも、その場その場で、迷いながら、立ち止まらず、日々 クリアしていかなければなりませんよね。(できれば、軽く、楽しく…)

●…
高橋さんは、何人かの方に助けてもらったことを例にあげながら
親の希望、親の思い込みではなく、

clover『子ども達に、必要な支援とは、何なのか』を、常に考えながら、本人さんに寄り添う事の大切さを、伝えられたと思います。

その時、その時を、懸命に、しなやかに、力強く、生きてこられた、高橋さん、だからこその、
今、そして、これからも、明るく、語られました。

高橋さんは、今、
clover育成会の相談委員(相談委員会・副委員長)のかたわら、
clover障児者を理解してもらう啓蒙活動『あび隊』の活動も、強力に推進されています。
 いま、『あび隊』のような、啓蒙活動は、全国的な広がりをみせております。 会員の皆様のご協力に、期待が寄せられています。

高橋さんは、育成会の方々に、感謝の言葉を述べられると共に、そのお返しがしたいと言われました。 今後も、育成会活動に邁進されることでしょう

言葉ひとつひとつが、響いてきます。

ちなみに、高橋さんは、自分のご趣味~
山歩き など~ご自身の人生を楽しまれる事を、しっかりなさっておられますsign01これも、私達のお手本ですね。

高橋さん、本当に、ありがとうございましたheart01


《感想》
子どもの幸せを願わない親は、おりません

親の人生、子どもの人生
別々の人、別々の人生です
子ども達のすべてを理解してあげることは、難しいかも知れません。
●…子ども達に必要な支援とは、何なんだろう
●…子ども達は、今、なにを、必要としているのだろう?
この事を忘れず、親の一方的な思い込みになっていないか、チェックしつつ
子供の自立を、支えていくために、親に出来る事とは 何なんだろう
(…
親の自立に、繋がりますね…)

・子ども達を、見守り、寄り添い、地域社会で生きて行く事の 意味、責任を、今一度、考える機会となりました。

・参加された皆様は、それぞれの立場で、いろいろと、それぞれの
 想い、学びが、あったことでしょう。  (その機会と、なっていれば幸いです)

clover日々、毎日を、とりあえず、元気に(元気そうに)、明るく(明るそうに)過ごして行きましょう
wink明るそうにrock元気そうに生きる 親の姿を、子ども達に、みせてあげましょう。
そんな風におもうことですshine

paperまた、皆様、西区会にお越しください。いろいろと、今後も、企画しております。


9月8日(金)施設見学『ひといき』
●10月6日(金)田中先生 研修会開催場所が、打越町『育成会総合福祉センター』に変更になりました。お間違えなく
●11月10日(金)古田先生・相談会

shineどうぞ、ご参加下さい。


2



2017年5月29日 (月)

西区 青年部 料理教室

西区、本人支援委員会《青年部》は、年間を、通じて、『バスハイクbus』や、『料理教室noodle』を、行っています。

5月28日(日)、『料理教室』(観音公民館)が、ありました。。

今回は、…カレーうどん、たっぷりサラダ、小倉かん…と、いうメニューで、
元気に、初夏を迎えるホットhappy01レシピsign01でした。

1


2


3


4


5



今回は、料理が早めに出来上がり、ゆっくり、時間もとれたので…来月のバスハイクbusの行先を決めたり、悩み事の話があったりと、楽しく、かつ、有意義な ひととき でした。

来月は、バスハイクで、また、会いましょうsun

2017年4月25日 (火)

バスハイク~備北丘陵公園~(西区)

・4月23日(日) 『sun備北丘陵公園バスハイクbus


初夏の日差しを思わせるポカポカ陽気の日曜日。

おそ咲スイセン、おそ咲桜、パンジー、ポピー、ルピナス、チューリップにムスカリ…(真っ白な花をつけたナシの木も)。

色とりどりの花々の咲き乱れる『備北丘陵公園』に、バスハイクに行って来ました。




 芝生の広場でお花見弁当を食べたみんなは、芝生にゴロン…お散歩テクテク…気ままに時を…。
 公園内を30分で巡る"ロードトレイン"に乗りこんだ仲間たち!うれしそう!お母さん達もわくわく!歩くと2時間はかかるという広い園内をひと廻り(時折、汽笛も鳴らします。道端の人が立ち止まり手を振ってくれます。)親も子も、「トレイン、楽しかった!よかったね~。」と…言ってました。
 花の広場では、ブラスバンドの演奏もあって、各自が思い思いに散策しながら、花々に囲まれて、のんびりおだやかなバスハイクの一日をすごしました。
 皆様、次回6月のバスハイクを楽しみに「明日からのお仕事がんばるぞ~」と…。



 お母様方は、帰路途中の道の駅(産直市)でのお買い物も楽しまれておられましたね~。


2

Photo

Photo_2

3

Photo_3

1

その他のカテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ